このメニューではクレジットカードの国際ブランドについてお届けしています。

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド


どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
日本国内で買い物などをする時にクレジットカード支払いが出来ますが、まだまだ全てで利用出来るワケではありません。
しかし買い物だけではなく公共料金や家賃などクレジットカードが可能なこともあるのでとっても便利なのです。 1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてそれらクレジットカード全てが国際ブランドと提携して発行されてきているのです。様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本のみならず世界中で利用できるために、国際ブランドと呼ばれるようになりました。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
今では5大ブランドとして、世界的に広まっています。



どこの国に行っても利用可能な国際ブランドブログ:2017-12-13

現在いろいろな減量方法が
メディアなどで紹介されていますが、
どの方法も気になるのは
リバウンドではないでしょうか。

減量を始めると
多少なりとも、経験するのがリバウンドです。

リバウンドとは
せっかく頑張って減量して減少した体重が、
短期間で元に戻ってしまったり、
最悪以前よりも体重が増加してしまうことです。

リバウンドの怖いところは…
減量とリバウンドを何度も繰り返していると、
どんどん太りやすく痩せにくい身体になってしまうという点です。

減量を成功させる為には、
リバウンドを起こさないようにすること。
そして
リバウンドの少ない
減量方法を選ぶことが大切になります。

ではどういった
減量方法が理想的なのでしょうか?

理想的な減量は
筋肉を落とさず、身体に溜まった脂肪を除去する方法です。

自己流で安易に減量すると
脂肪よりも筋肉を減少させてしまい、
リバウンドを起こしすい状態になるので注意しましょう。

筋肉を落とさないで脂肪を落とす為には
毎日繰り返し体操を行って、
基礎代謝をあげるようにします。

体操の種類は、激しい体操ではなく、
多少汗ばむ程度の軽めの体操が理想です!
無理のない有酸素体操などを
毎日続けて行うようにしましょう。

あまり急激にカロリー制限するのは健康によくないので、
間食や夜食を控えるといった程度の
食べる事制限にとどめておきます。

リバウンド防止のポイントは、
基礎代謝の向上、骨量減少の防止、
そして摂取カロリーの正しい抑制です。

減量とリバウンドの関係を理解し、
無理のない減量を行っていきましょう。

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

★メニュー

キャッシングは提携ATMでいつでも簡単
お得なポイントを貯める為に便利なクレジットカード
海外旅行行くならアメックスを持っていこう
最も多く利用されているのがリボ払い
様々な海外旅行保険が付帯されているから安心
買い物などの支払いを後払いに出来る便利なカード
クレジットカード支払いの時代に突入
どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
余裕があるなら一括払いを選択
悪質なカード犯罪には要注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)プロから習おう!クレジットカードガイド