このメニューではクレジットカードの国際ブランドについてお届けしています。

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド


どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
日本国内で買い物などをする時にクレジットカード支払いが出来ますが、まだまだ全てで利用出来るワケではありません。
しかし買い物だけではなく公共料金や家賃などクレジットカードが可能なこともあるのでとっても便利なのです。 1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてそれらクレジットカード全てが国際ブランドと提携して発行されてきているのです。様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本のみならず世界中で利用できるために、国際ブランドと呼ばれるようになりました。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
今では5大ブランドとして、世界的に広まっています。



どこの国に行っても利用可能な国際ブランドブログ:2017-8-14

名古屋から子供を連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきったボクたち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70~80歳くらい。

気にはなっていたがボクの席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのままボクも座っていた。

するとボクの奥さんが大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは奥さんにお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
ボクたち家族はそこで降りたわけだが、
そこでボクは奥さんに聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
ボクも気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた奥さんは
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたの父や母親も
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

ボクは目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

★メニュー

キャッシングは提携ATMでいつでも簡単
お得なポイントを貯める為に便利なクレジットカード
海外旅行行くならアメックスを持っていこう
最も多く利用されているのがリボ払い
様々な海外旅行保険が付帯されているから安心
買い物などの支払いを後払いに出来る便利なカード
クレジットカード支払いの時代に突入
どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
余裕があるなら一括払いを選択
悪質なカード犯罪には要注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)プロから習おう!クレジットカードガイド