このメニューではクレジットカードの国際ブランドについてお届けしています。

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド


どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
日本国内で買い物などをする時にクレジットカード支払いが出来ますが、まだまだ全てで利用出来るワケではありません。
しかし買い物だけではなく公共料金や家賃などクレジットカードが可能なこともあるのでとっても便利なのです。 1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてそれらクレジットカード全てが国際ブランドと提携して発行されてきているのです。様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本のみならず世界中で利用できるために、国際ブランドと呼ばれるようになりました。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
今では5大ブランドとして、世界的に広まっています。



どこの国に行っても利用可能な国際ブランドブログ:2017-4-16

ダイエット中は、日本酒を我慢すべき!と、
よく言われますが…

日本酒にもカロリーが含まれていますが、
そのカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれ、
体には吸収されにくいものなんだそうです。

アルコールのほとんどは肝臓で分解されるので、
日本酒そのものに含まれているカロリーは、
腸では吸収されないんですって!

それでも、
「日本酒は太る」というイメージが強いのは、
アルコールに食欲を増進させる効果があり、
おつまみを食べ過ぎることが多くの原因なんですね。

さらに、日本酒をくちにする時間は、
食べると太りやすい時間帯なので、
「日本酒は太る」という俗説が定着してしまったんです。

ダイエット中でも、
食欲やおつまみの選び方に気をつければ良いのですが、
日本酒と相性の良いおつまみは、カロリーや塩分が高く、
ダイエットの天敵とも言えるものが多いんですよね!

なので、
ダイエットと一緒に食べる料理の種類や量を上手くコントロールすれば、
ダイエットの障害とはならないんです!

しかし、
日本酒の後にとんこつラーメンなどを食べてしまったらアウトですので、
このような習慣は絶対に禁止!

おつまみなどにも注意して、
飲んだ後にとんこつラーメンなども食べていないのに太っていくのは、
アルコールが体本来の代謝機能を低下させていることが原因です。

また、おつまみの塩分が多いことなどで、むくみが起こり、
太ったと感じる場合もあります。

ダイエット中は、
飲み方や、おつまみの内容に注意し、
日本酒を飲む夜の時間帯は、太りやすいということを意識して、
お付き合い程度にしておきましょう。

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

★メニュー

キャッシングは提携ATMでいつでも簡単
お得なポイントを貯める為に便利なクレジットカード
海外旅行行くならアメックスを持っていこう
最も多く利用されているのがリボ払い
様々な海外旅行保険が付帯されているから安心
買い物などの支払いを後払いに出来る便利なカード
クレジットカード支払いの時代に突入
どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
余裕があるなら一括払いを選択
悪質なカード犯罪には要注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)プロから習おう!クレジットカードガイド